今週の競馬 4月第2週

新型コロナウイルスの感染拡大はいまだに予断を許さない状況です。まったく先が見えませんね。いわゆる3密を避けてと言われますが、朝誰かに会ってもまずは距離感考えたり場合によっては後ずさりしたり、人に会って笑顔を交わしたり挨拶したりって人間同士の根本みたいなものを崩そうとするこのウイルス、本当に恐ろしくそして憎らしく感じてしまいます。

中央競馬においても感染予防措置としてついに出走馬の取り消しという事案が生じてしまいました。現状感染者が確定されたわけではないのですが慎重に慎重を期した決定です。トレセン一体となってかなり厳しく予防対策はしていますが周囲の感染状況も鑑みると相当緊迫した状況だと考えています。せっかく訪れた3歳クラシックシーズン、なんとか競馬を止めることがないよう精一杯頑張っていきたいと思います。

今週から福島競馬が始まります。その福島と中山で今週は5頭、平地の4頭はすべて牝馬、そして出走レースはなんとすべて牝馬限定戦となりました。桜花賞ウィークらしい華やかな週末になってほしいですね。

4月11日(土)
中山9R 14:35 野島崎特別(4歳上2勝(牝)) 芝1800m
ダノンポピー    牝5 55.0 北村 宏司
長期休養明け2戦目の前走、その前走に好走した反動もあったのかいわゆる2走ボケでしょうか、スローペースでの先行もあえなく後退してしまいました。一旦リフレッシュして牝馬限定戦のここを目標にしました。脚元も落ち着いていて、やや重め感はありますが力は出せる状態だと思います。力量的にはこのクラスでも足りるはずなのであらためて期待したいと思います。

福島12R16:00 桑折特別(4歳上1勝(牝)) 芝1800m
マジックリアリズム 牝4 55.0 鮫島 克駿
前走は前半から追走も苦しく全くこの馬らしさの見られないレースでした。中山が合わないことに含め気持ちの前向きさもなかったと思います。こちらも一度リフレッシュして牝馬限定戦のここへ照準を合わせました。前回を踏まえてブリンカーの着用なども考えていましたが、最初につけてみたシャドウロールの効果が良かったのでまずはその馬装で臨みます。状態も良く好走歴のあるこのコースで、新たな馬装で巻き返してもらいたい一戦です。

4月12日(日)
中山6R 12:45 3歳1勝クラス(牝) 芝1800m
ジェラペッシュ   牝3 54.0 丸山 元気
桜花賞の切符をかけて臨んだ前走でしたが差はないものの6着、もう一押し足りない結果でした。中間は順調で様々なレースを検討した中でこのレースに臨むことになりました。勝ち上がったコースでの牝馬限定の自己条件、好調をキープしており好レースを期待したいと思います。

7R 13:15 4歳上1勝クラス(牝) ダート1200m
ハワイアンダンサー 牝5 55.0 丸田 恭介
前走は様々な対策の効果もあって競馬まで落ち着いて臨むことができました。レース内容も先行して悪くなかったと思います。勝ち馬も強かったですね。前回の在籍時よりも走りがダート向きになっているようにも思えるのでダートに変えることにします。こちらも牝馬限定戦ですし、前回同様に落ち着いて臨めることができれば一変の可能性は十分あると思います。

福島4R 11:15 障害4歳上未勝利 芝2750m
ブショウ      せん5 60.0 蓑島 靖典
前走は除外続きで臨んだ一戦でもあり見えないストレスもたまっていたのか元々あった右にもたれる癖が出てしまいました。リフレッシュしての今回追い切りのずいぶんいい感じで動けています。右側だけのブリンカーを装着、芝コースや距離短縮はプラスになると思うのでさらに前進を期待したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント