今週の競馬 2月第4週

新型コロナウイルスの感染拡大は日を追う毎に増すばかりで徐々にパニックの様相を帯びてきました。我々としましても今後競馬の開催にも何らかの影響があるのではないかと戦々恐々としておりますが、どんな状況であろうと競馬を楽しんでいただけるようにまずは自分たちの本業にしっかりと専心してまいります。

今週で1回東京も最終週、メインには今年最初のGⅠフェブラリーステークスが行われます。残念ながらGⅠへの出走馬はいませんが、今週はダイヤモンドSに出走するロサグラウカをはじめ東京と京都で8頭の出走となります。

2月22日(土)
東京 1R 10:10 3歳未勝利(牝) ダート1400m
タマサイ      牝3 54.0 江田 照男
前走は阪神への連闘でしたが終い頑張って8着、このくらいの距離は安定して走ってくれます。リフレッシュして状態も良く、東京で牝馬限定戦と条件は好転するので前進を期待しています。

東京 2R 10:40 3歳未勝利 ダート2100m
ロドルフォブレイン 牡3 56.0 石橋 脩
前走は抜け出して勝ったかと思いましたが最後は差されて3着でした。負けはしたものの条件はピッタリに思えたこともあり、中1週で再度この条件に臨みます。疲れも見られず順調なので今度こその思いです。

東京 8R 14:00 フリージア賞(3歳1勝) 芝2000m
ジェラペッシュ   牝3 54.0 吉田 豊
GⅠにチャレンジした前走、慣れない速いペースながらも最後じわじわと伸びて9着、4着のウーマンズハートから0.7秒差であれば内容的には悪くなかったと思います。春に向けて休養を挟んでの今回、日曜日の1600m戦を考えていましたがメンバーや頭数を考慮してこちらに切り替えました。順調に仕上がって力を出せる状態ですし今までの戦歴から引けをとるとは思っていません。クラシックにチャレンジできるような内容と結果を出してほしいと思っています。

東京 11R15:45 ダイヤモンドS(4歳上GⅢ) 芝3400m
ロサグラウカ    牝5 52.0 丸山 元気
前走は逃げて差し返すような味のある競馬で勝ち上がり、見事オープン入りしてくれました。レース前から目標に挙がっていたこのレース、昨秋からの昇り調子そのままにいい状態で臨めそうです。本質的にはさすがに距離が長いかもしれませんが、コントロールの効く先行脚質と軽ハンデを活かして好レースを期待したいと思います。

京都 10R15:00 河原町ステークス(4歳上3勝) ダート1400m
ハーグリーブス   牡5 57.0 C.ルメール
前走は直線で進路を失う場面もあり最後は伸びてきたものの7着、最後の伸び具合は若干距離も長かったかもしれません。中間も順調なので中1週で京都への参戦となります。このクラスで主戦場をダートにしてからも安定しているもののもう一押し足らない現状、その一押しをリーディングジョッキーに委ねたいと思います。距離も短縮され、どんなレースができるか楽しみです。



明日の競馬に関しましては、また後ほど更新させていただきますので見に来ていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

2月23日(日)
東京 3R 11:05 3歳未勝利 ダート1600m
サウンドトラック 牡3 56.0 松山 弘平

東京 4R 11:35 3歳未勝利 芝2400m
リチュアルダンス 牡3 56.0 田辺 裕信

東京 7R 13:25 4歳上1勝クラス 芝1800m
ミトロジー 牡4 56.0 丸山 元気

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント