NO HORSE, NO LIFE !

アクセスカウンタ

zoom RSS 帰国・・・、そして自分との闘い

<<   作成日時 : 2008/06/17 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

帰国して1週間が経とうとしています。すっかりご無沙汰してしまいました。

ちょっと意味深に、かっこつけたタイトルにしてみました。

が、何かと言えば、まずは時差ぼけとの闘いですね。1ヶ月近い海外での滞在は人生で2回目だったのですが、前回の帰国時は1週間以上の間時差ぼけに悩まされました。今回に関しては、その轍は踏まないぞ、と気合十分の対処で望みました。

飛行機の到着が朝7時前、ということで家に帰って疲れを引きずったまま昼寝をしてしまえば、まさにドツボのパターンですから、とにかく夜まで起きておこうと頑張りました。午前中にはすっかり伸びた髪を切るべく床屋に行き、昼はある程度荷物をスーツケースから出し、午後の厩舎作業の時間には厩舎にも顔を出しました。こうして、よく言われる時差ぼけ解消法のひとつの日光を浴びる生活もし、夕食はさすがにうつらうつらしながらでしたが、8時前に就寝、翌朝は3時ごろ起床し、仕事へ、と2,3日このパターンを続けて生活も安定しました。まずはこの闘いには勝利できました。

更なる闘いは荷物の整理です。これに関しましては基本的に苦手な分野でして、今日ようやく2つのスーツケースが空になりました。ただし出た物は、まだ部屋をさまよっている状態でして、それに加えて留守中の郵便物も群れを成しています。この様子では今後も消耗戦が繰り広げられそうです。これに付随して、お土産配りや領収書整理(調教師となった以上念のため行う必要があります)といったイベントも行わなければなりません。

最後に、まじめな話として、今後の自分が厩舎を開業する前にどのような準備をしていくのか、自分で自分をプロモートしていかなくてはならない、という闘いです。アメリカ遠征の帯同もその一つではあったのですが、渡米している間はその一つに集中できましたが、今後は大久保厩舎での仕事をベースにしつつ、更に見聞を広め、またたくさんの人との交流を広めていかなくてはなりません。対象が大きいですが、時間もまだあるので、焦らずこつこつとやっていきたいと思っています。

今週の競馬ブックにカジノドライヴのベルモント遠征のレポートが載っていました。正直、じっくりと読むのは辛かったです。単純に悔しい気持ち、何か足りなかったのではという反省の気持ち、自分の経験としては得るものの多かった充実した気持ち、様々な気持ちが湧いてきて、まだニューヨークに気持ちが残っている自分に気付き、冷静に振り返るには時間が必要に感じました。

そうは言っても現実はどんどん前に進んでいます。今週から2歳の新馬戦もスタートですね。気持ちを切り替えて頑張っていきます。でも、まずは部屋を整理しなくてはいけませんね・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
無事日本に到着したようで、良かったです。
お疲れ様でした。
が、競馬関係の方のお仕事は毎日あるわけで(全休日と言っても馬の世話はしなくちゃいけないでしょうし)、こらからも頑張ってくださいね。
ご自身の厩舎の為の勉強も大変だと思いますが、プラード騎手がくれたメッセージのように、これからも「馬優先主義」でお仕事されることを期待しています。
パープル
2008/06/21 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
帰国・・・、そして自分との闘い NO HORSE, NO LIFE !/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる