今週の競馬 1月第2週 その2

IMG_4590.jpg
この週末にかけてやってきている大寒波、本当に強烈ですね。美浦では早朝の最低気温が連日-6℃となって自分のトレセン史上で一番寒いのではないかと思われます。2日から休みのない中でこの寒さ、自厩舎のスタッフだけでなく馬場の管理をされているような裏方の方などトレセンの調教に携わる皆様に頭が下がる思いです。また北陸地方など記録的な大雪の地域もあるようで被害に遭われている方々には心よりお見舞い申し上げます。

本日の出走は中山で1頭、中京で2頭の計3頭となります。本日も応援のほどよろしくお願いいたします。

2021年1月11日(月曜)
中山4R 11:25 3歳新馬(牝) ダート1200m
オハギ       牝3 51.0▲原 優介
父モーリス 母メジロツボネ(母の父スウェプトオーヴァーボード) 芦毛 360kg
メジロツボネ産駒ということでグローリーヴェイズの妹になります。10月に初入厩、ゲート試験合格後は成長を促す意味もある一旦放牧して再調整して迎えるデビュー戦です。いかんせんこの体重なので現状非力な部分とスピードに乗って行きづらい面は否めません。牧場、厩舎と乗り込んできて血液検査の数値では内面的な良さを持っていることも窺えます。まずはレースを経験して今後につなげていきたいという現状ですが、血統や内面の良さが実戦に活きることを期待したいと思います。

中京3R 11:10 3歳未勝利 ダート1800m
ユイノタンキマチ  牡3 56.0 吉田 豊
前走はスタートが決まってしっかりと流れに乗る競馬ができましたが、力の要る馬場もあって前が止まってしまうレースになってしまい結果裏目に出てしまいました。とはいえあのようなレースができたのは収穫で次に繋がるレースでした。体調面は上がっており経験値も上がって、着順も上げていってもらいたいと思います。

中京11R15:45 すばるステークス(4歳上オープン(L)) ダート1400m
ハーグリーブス   牡6 56.0 吉田 豊
前走は久しぶりにスタートで後手を踏んでしまい後方から、勝負処もなかなか上がり切れずほぼ直線だけの競馬で最後はレースで3頭しかいなかった上がり3F35秒台の脚を使って追い込んだものの8着でした。残念な結果ではありましたが前々走も含めてオープンでも力は通用するところを見せてはくれていると思います。年末のレースを目標に帰厩していましたが除外、ただ冬場の大型馬でもありより調教が積むことができたことはプラスにできて今週の追い切りは抜群の動きでした。このクラスではやはりロスは命取りでもありスタートがカギになりますが、条件も良く好レースを期待したいと思います。

"今週の競馬 1月第2週 その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント