今週の競馬 12月第4週

2020年サイレントナイトのクリスマスも終わり、今年最後の週末となりました。本年の中央競馬は28日が月曜日という日程の都合上、本日ホープフルSと中山大障害、そして明日の最終日に掉尾を飾る有馬記念とこの土日で障害も含めるとGⅠが3つ、阪神でも阪神カップが行われる超豪華な番組編成となっています。皆様には今年最後の中央競馬を思う存分に楽しんでいただければ幸いです。当厩舎におきましてはそれらのどのレースにも参加できておらず口惜しい思いではありますが、本年最後の競馬までしっかりと無事に出走できるように、そして一つでも着順を上げることができるように尽力してまいります。そしてこのような状況の中で今年も最後まで競馬をやらせていただくことができたことへの感謝を忘れずに本年最後の競馬開催に臨みたいと思います。

今週は中山のみで4頭の出走、さらに付け加えれば午前中のみの競馬となってしまいました。すべて2歳ですから来年につながるようなレースにしたいですね。今週も応援よろしくお願いいたします。

2020年12月26日(土曜)
中山1R 09:50 2歳未勝利 ダート1200m
オープンワールド  牡2 55.0 吉田 豊
デビュー戦の前走は2番手から流れに乗ることができましたが直線追い出してからはさっぱりの結果でした。気性的なものなのか芝のスピードへの対応力不足だったのか、いずれにしろポテンシャル的にはこんなはずではないのにという思いです。間隔を空けて今回はダート戦に臨みます。テンションの高さは相変わらずですが体調面に不安はないので変わり身を期待したいと思います。

中山3R 10:40 2歳未勝利 芝2000m
ロックオブエイジズ 牡2 55.0 C.ルメール
前走の新馬戦は1番人気に支持されましたが2着でした。早めに動いた勝ち馬を射程圏に置いて良く伸びてきましたが、展開的な部分と切れよりはパワー型というところもあり届かなかった感じです。一息入れて臨む今回、追い切りの動きも良く力を出せる状態だと思いますし、中山もイメージ的に合いそうです。好レースを期待しています。

ピュアブラッド   牡2 55.0 吉田 隼人
こちらもデビュー戦以来の2戦目、気性の難しさ考慮して厩舎装鞍で良い流れだったのですが、ジョッキーが鞍の位置を直したいということで馬場入りが最後に1頭になってしまい結局レースには平常心で臨めず終わってしまいました。特に気性面の成長を期待して休養を挟んでの今回、前回からすれば良くはなってきてくれていますがまだまだ難しさは垣間見られます。それでもスムーズに走れた1週前追い切りなどは秀逸でポテンシャルの高さは感じられます。まずはスムーズにレースを迎えることが1番ですが、そこをクリアーすれば一変の余地も十分あると思います。

2020年12月27日(日曜)
中山5R 11:35 2歳新馬 芝2000m
レナトゥス     牡2 55.0 松山 弘平
父ハービンジャー 母ジェシカピンク(母の父ディープインパクト) 鹿毛 450kg
祖母の産駒に同じ父でダービー卿CT勝ち馬ヒーズインラブがいるのでやや似た血統背景となります。生まれが遅いこともあり1歳時は小さい部類でしたが、ここまで時間をかけて育成されて馬体的にも内面的にも成長してくれたと思います。11月後半に入厩してゲート試験もスムーズに合格、その後負荷を上げながら競馬を目指してきました。目立つ走りとまでは行きませんが水準の動きで走れてへこたれることなくやってこられて本質的なフィジカルの強さを感じられます。まだ後躯のパワー不足は否めませんが、気性が素直でコントロール性も良いので初戦から現状の力は発揮できそうです。これからの馬ではありますが、その長所を活かして上位を目指したいと思います。

"今週の競馬 12月第4週" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント