今週の競馬 10月第4週

先週はデアリングタクトが見事無敗での牝馬三冠を達成しました。そして今週はコントレイルが無敗の三冠馬を目指して迎える菊花賞が行われます。3年以上の長きにわたる大改修を行うことから現行の京都競馬場では最後のGⅠでもあり競馬界の枠を超えて注目の一戦となりますね。私がミスターシービーの三冠達成のニュースを見て競馬に初めて触れたように、多くの方々に競馬の素晴らしさが伝わるようなレースを期待しています。そして、もちろん期待しているばかりでなく自分たちでそのような人々の心を動かせるくらいの馬を育てられるよう精進していかなくてはならないな、と文章を書きつつ思った次第です。

今週は今年の最終週となる新潟に2頭、東京で1頭、計3頭の出走となります。今週も応援よろしくお願いいたします。

10月24日(土)
新潟4R 11:25 障害3歳上オープン 芝3250m
シャリオヴァルト  せん7 60.0 蓑島 靖典
期待のあった前走は暑さのせいからか返し馬から急に馬が進みが悪くなったように見えて実際騎乗してもそうだったようです。先週の重賞には登録しましたが当初から予定はこのレースでした。この馬としては硬さも見られず良い状態でレースを迎えられそうです。この状態で迎える平場のオープンの今回が本当の試金石、距離延長もプラスで一変も可能だと思っています。

11R15:25 新潟牝馬ステークス(3歳上オープン) 芝2200m
ロサグラウカ    牝5 54.0 勝浦 正樹
前走は道中後躯の感じが良く感じられなかったようで流れに乗れず大敗となってしまいました。ここ2戦ステイヤー適性がより試されるようなレースでもあり厳しい戦いでもありました。立て直して牝馬同士の新設レース、現状ベストに近い条件の一戦です。ここに来てまた体重が増えていることもあり馬体はフレッシュなまま体重を落とせるように調整してきたつもりですが、数字上増えていても走りに重さは感じられません。チークピーシーズも着用して巻き返しを期待したいと思います。

10月25日(日)
東京9R 14:15 tvk賞(3歳上2勝) 芝1800m
ミトロジー     牡4 57.0 藤岡 康太
前走は初の2000mへの挑戦、新潟であれば対応可能かと臨みましたがじわじわと伸びてはきたものの4着でした。頑張ってはくれたもののジョッキーの感触としては少し長めに感じられたようです。やや間隔をとってあらためて1800mでの一戦となります。最終追い切りは馬と馬の間に入れるよう試みましたが少しひるむようなところも見られてスパッと伸びきれませんでしたが体調自体は問題ありません。そのような気性面からも少頭数は魅力です。徐々にクラス慣れもしてきた今回、上位争いを期待したいと思います。

"今週の競馬 10月第4週" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント