今週の競馬 2月第2週

昨日の美浦トレセンは馬場開場時にマイナス5度、暖冬で緩んでいた心身に数字以上に厳しい寒さでした。今日もマイナスの気温になってようやく真冬の感覚ですがこの寒さもそう長くはないようですね。そんな地球温暖化の影響もそうですし、連日の新型コロナウイルスのニュース、日々暗くなってしまいがちだったり思い悩んで元気が出ない時もありますが、そんな時こそ美しく懸命に走る馬たちの姿を見つつ応援して楽しめる競馬というレジャーを楽しんでいただきたいと思います。自分もそんな競馬に救われている身ですし、そういう中でお仕事をさせていただいていることを感謝して今日も競馬場に向かいたいと思います。

今週は東京と京都で4頭の出走となります。

2月8日(土)
東京 10R15:10 箱根特別(4歳上2勝) 芝2400m
アランブレラ    牡5 55.0 北村 宏司
中央への復帰となった前走は久しぶりの芝でのレース、内の逃げ馬を捌くのに多少手間取って切れ味勝負になってしまったのは痛かったですが3着と頑張ってくれました。前走が地方からの連戦だったこともあってリフレッシュして再び東京でのレースとなります。冬場で体重が絞れないところはありますが動きは素軽いので心配ないと思っています。距離延長もプラスになりそうですし楽しみな一戦です。

京都 5R 12:20 3歳未勝利 芝1800m
スマートクレイン  牝3 54.0 松山 弘平
前走は中山のマイル戦で出遅れてしまい厳しい状況でしたが最後に脚は使ってくれて9着、ジョッキーも広いコースでもう少し距離があればもっと走れるんじゃないかという感想を持ってくれました。なかなか出走状況が厳しい中、その条件に合うレースが出走可能だったこともあり京都へ遠征します。中1週で輸送もありますが、体調は上がっているので条件さえ合えば前進可能だと思います。

2月9日(日)
東京 2R 10:40 3歳未勝利 ダート2100m
ロドルフォブレイン 牡3 56.0 石橋 脩
前走は休養明けで初めてのダート戦、前半はその分で追走に手間取った部分もありましたが最後はしっかりと伸びて5着まで来てくれました。ダート適性も感じられました。1度使われて体調も上向き、レース振りからもいかにもこのコースは合いそうです。好レースを期待したいと思います。

東京 10R15:10 白嶺ステークス(4歳上3勝) ダート1600m
ハーグリーブス   牡5 54.0 大野 拓弥
前走は芝スタートをアドバンテージにできればと思っていたのですがもう一つ流れに乗れず後方からになってしまいました。やはり関西圏は前半が速いです。それでも最後は伸びてきて6着、ダートでは安定した走りを見せてくれています。一息入れて先週の1400mは除外、ダートであればマイルでもという気持ちはあったのでスライドしての出走となります。1週伸びた分体調はより上向きですし、ハンデも恵まれている感はあります。今回は距離以外に不安要素もあまりなく(ゲートだけは安定しませんが)、この距離でどこまでやれるかいい試金石になると思います。

"今週の競馬 2月第2週" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント