今週の競馬 2月第1週 その2

昨日はガーデンコンサートが小倉で鮮やかな勝利を収めてくれました。そして東京の3頭はすべて2着、さすがに3度も続くともどかしさはありましたが、馬もジョッキーもスタッフもよく頑張ってくれていい競馬ができていたと思います。今日もこの勢いを続けて皆様に良いレースをお届けできるように頑張っていきます。

2月2日(日)
東京 5R 12:30 3歳未勝利 芝1800m
マイネルブラシウス 牡3 56.0 津村 明秀
札幌でのデビュー戦はスムーズさに欠けたレースで負けて強しの2着だったと思います。ただその後左前の球節を傷めて長い休養となってしまいました。年明けに帰厩してまずは順調に調整されています。気性的に難しいところもあり脚元も注意しながらなので万全の仕上がりとは言いませんが、それでもポテンシャル的にはかなり期待している馬でもあり復帰初戦から好レースを期待しています。

東京 10R15:10 早春ステークス(4歳上3勝) 芝2400m
ミッキーバード   牡5 54.0 横山 典弘
前走は格上挑戦の3000m、51キロと恵まれた斤量でしたが(だから出走したのですが)終始力みつつも見せ場十分の5着でした。一度使われての自己条件、前回勝ったコースとジョッキーですからほぼすべての条件が好転しています。この条件の中では骨っぽいメンバーだと思いますが、それでも楽しみな一戦です。

京都 4R 11:30 障害4歳上未勝利 芝→ダート2910m
ブショウ      せん5 60.0 蓑島 靖典
初障害の前走、スムーズな飛越でレースを運んでいましたが道中思いっきり落馬の影響を受けてしまい最後はレースにはあまり参加できない内容でした。前から離れてしまって気性的にはやめてしまうんじゃないかと思っていましたが最後まで飛びきって次につながる内容でした。除外が続いて乗り込みは十分、京都コースに対応できさえすれば一変可能だと思います。

京都 6R 12:50 3歳新馬 芝2000m
ブルームラッシュ  牡3 56.0 川田 将雅
父ディープインパクト 母ブルーミングアレー(母の父シンボリクリスエス) 鹿毛 460kg
ディープインパクト産駒の牡馬ということで育成時はやや小ぶりで成長を待っていたことで遅めのデビューとなりました。その時間をかけた甲斐もあり徐々に馬体も成長、走りの良さは牧場時代も定評がありましたが、ゲート試験合格後の2度目の入厩ではそれに身が伴ってきて動きも追い切る毎に良くなってきました。近親のトーセンラーを意識していたわけではありませんが距離も長めを選択したかったので京都デビューは予定通り、これだけの良血馬なので新馬だけでなくこの後も意識できるようなレースを期待したいです。 

リチュアルダンス  牡3 56.0 大野 拓弥
父Nathaniel 母Majestic Dancer(母の父Danehill Dancer) 栗毛 490kg
凱旋門賞馬エネイブルの父としても知られるナサニエル産駒の外国産馬です。こちらは逆に大型馬で重い作りもあって、ゲート試験合格後一旦放牧を挟んでの再仕上げです。坂路では比較的動けていたのですが、徐々に体も締まってきてコースでの追い切りも動けるようになってきました。切れるタイプではありませんがしっかりと走れており、先週の除外もあってほぼ態勢は整ったと思います。やはり距離はある程度あった方が良いタイプ、身内にもライバルがいますがこちらも楽しみなデビュー戦です。

小倉 4R 11:20 3歳未勝利 芝1200m
ハルバード     牡3 56.0 黛 弘人
父ショウナンカンプ 母レイクミード(母の父ダンスインザダーク) 黒鹿毛 470kg
兄には5勝してオープンまで行ったダイワナイトがおり、その父がサクラバクシンオーですから似た血統構成になっています。12月に入って入厩してゲート試験もスムーズに合格、速いところを始めてもなかなか動けたので時期的にもこのまま競馬までという頭で進め、その中で番組的に小倉の芝1200mを意識して調整していきました。ただ遠征するタイミングで疲れが見え始めて追い切りの動きも良くなかったので1週目の新馬はパス、2週目の新馬から投票したものの残念ながら除外、未勝利戦でのデビューとなってしまいました。だいぶ体調は上がってきてくれているようですし、スタートは速い方なのでうまく流れに乗って経験馬相手でも頑張ってもらいたいです。

"今週の競馬 2月第1週 その2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント