今週の競馬 1月第4週 その2

今日はクロミナンスがルメール騎手の手綱捌きに導かれて見事3連勝を達成、当厩舎の今年初勝利となりました。断然の人気でもあって、どちらの意味でもホッと胸をなでおろすことができました。

明日の関東地方は降雪も予報されており中山競馬の開催に関しても予断を許しません。明朝は開催情報をよくご確認いただけたらと存じます。明日は中山で3頭、小倉で2頭、計5頭の出走予定、さらに勢いに乗って行けるよう頑張っていきます。明日も応援のほどよろしくお願いいたします。

2021年1月24日(日曜)
中山5R 12:30 3歳未勝利 芝2200m
レナトゥス     牡3 56.0 石橋 脩
デビュー戦となった前走、スタートで行き脚はつかなかったものの中団からじわじわとポジションを上げてしぶとく脚を使って5着まで来てくれました。ロスのないレースぶりはさすが若き三冠ジョッキーと感じさせてくれましたね。じっくりと優先出走期間いっぱいとって中間に出た疲れも乗り越えて上向きでレースを迎えられそうです。馬場は何とも言えませんが距離延長はプラスにできると思うので前進を期待したいと思います。

中山6R 13:00 3歳新馬 芝2000m
ビバブランコ    牡3 56.0 北村 宏司
父ケープブランコ 母メイフィールド(母の父Tiger Hill) 鹿毛 470kg
厩舎としては初めてのケープブランコ産駒となります。11月に1度入厩してゲート試験に合格、まだ体力不足が否めず放牧を挟んで12月下旬に戻ってきました。戻ってきてからは速いところを重ねるごとに動けるようになり順調な過程を踏むことができました。良い意味でも牡馬らしいうるささも出てきて変わってきています。2週前のウッド今週の芝と追い切りも水準レベルで動けており現状の力は発揮できる態勢です。使って良くなっていきそうなタイプではあるのですが、力の要る馬場になって欧州血統の底力を発揮してくれるかもしれません。

中山7R 13:30 4歳上1勝クラス(牝) ダート1800m
ミュアウッズ    牝4 54.0 横山 武史
前走は息つく間のない先行争いでラップ以上に負担の大きい逃げになってしまい、やっと振り切って先頭に立ってあと少しというところで追込み2頭に差し切られての3着、よく頑張ってくれました。その反動もあったか立ち直りに時間がかかって3ヵ月以上振りのレースとなります。超大型馬で馬体重面で調整は難しい面もありますが、馬自身は冬場の方が合うのか体調面は前走以上に感じられます。力量は上位ですしここも好レースを期待しています。

小倉7R 13:10 3歳未勝利 芝2000m
マイネルリリーフ  牡3 56.0 丹内 祐次
4ヵ月ぶりだった前走は思った以上に流れに乗ったレースができて最後までしぶとく粘って6着と頑張りました。優先出走権こそ取れなかったもののせっかく次につながる競馬ができたこともあり、番組面を考慮して小倉に遠征しました。ダートだったせいか追い切りは動ききれなかったようですが順調に来ているので上積みはあるはずです。ゴールドシップ産駒なので重馬場もプラスにできると思うので前進を期待したい一戦です。

小倉11R15:25 豊前ステークス(4歳上3勝) ダート1700m
サクラルーフェン  牡5 54.0 黛 弘人
前走は除外で延びて阪神への遠征、馬体重減が響いたか大敗を喫してしまいました。美浦に戻ってからは体重も戻って在厩で調整、年末の除外は予定通りで目指した年明けの中山まで除外されてしまって途方に暮れてしまいましたが、権利2つで絶対に出走できるのであれば最も高いパフォーマンスを見せてくれた札幌のレースのイメージでこのレースを選択しました。滞在で落ち着いて調整でき先行力を活かせる1700m、そして雨が降って軽い馬場にもなってくれそうです。ハンデも恵まれた感もあり一発を狙える条件は揃いました。抽選除外が続いたうっ憤を晴らしてほしいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント