今週の競馬 11月第4週 その2

来週の今日はいよいよジャパンカップですね。空前絶後と言ってもいいようなメンバーのレースに名を連ねることができたグローリーヴェイズも前週の調整を無事に終えることができました。残り1週間否が応でも緊張感は高まりますが、まずは無事に、そして悔いのない仕上げで出走できるようスタッフともども尽力して頂上決戦に臨みたいと思います。

残り2日間の出走馬の詳細を書かせていただきます。

11月22日(日)
東京9R 14:15 赤松賞(2歳1勝(牝)) 芝1600m
メイサウザンアワー 牝2 54.0 田辺 裕信
悔しい敗戦の新馬戦から雪辱を期した前走は安心して見ていられる取り口で完勝でした。前走後は今後の糧となるようなレースということでこの赤松賞に目標をおいて放牧を挟んでの調整となります。気候も変わって戻ってから重め感があったり硬いような面も見られましたが、追い切りを重ねつつ前走時の良い雰囲気に戻ってきたと思います。このクラスでも十分戦える素質はあると思っていますが、この東京マイル戦でどのような競馬ができるかが今後の指標になると思っています。

東京12R16:00 3歳上2勝クラス 芝1800m
ミトロジー     牡4 57.0 三浦 皇成
前走は思いもよらないハイペースになってしまい、後方待機とはいってもさすがに勝負処で上がっていかないわけにもいかず逆に苦しくなってしまうようなレースぶり、呼吸器系にウィークポイントのある本馬には厳しい一戦となってしまいました。中間は喉の内視鏡検査で手術をするようね適応症でないことを確認してこのレースに備えました。体調面は問題なく順調で好走条件は限られる部分はありますが、逆に条件さえ揃えば巻き返せる余地は十分あると思っています。

11月23日(月)
東京4R 11:20 2歳未勝利 芝2000m
レッドアウレア   牡2 55.0 M.デムーロ
デビュー戦の前走は好位から良い形でレースを運びましたが最後伸びきれず3着でした。前半外目からポジションを取るのに脚を使ったことと、直線手前を替えられなかったことを考えれば上々の内容でした。まだ成長過程なこともあり無理せず間隔を空けて東京での復帰となります。最終追い切りでも直線手前は替えられませんでしたが余力のある動きを見せてくれて時間なりの成長は感じられます。距離延長もプラスになると思いますし前進を期待しています。

東京7R 13:10 3歳上1勝クラス(牝) ダート1600m
ジェラペッシュ   牝3 54.0 石橋 脩
ダート2戦目前走はスタートも決まって流れに乗るレースができたので直線で弾けることができればと思わせるレースぶりでしたが、逆に溜まるところがなく伸びを欠いてしまいました。優先出走権のない中で連戦することもあり入るレースでの選択肢で距離が延びることにはなりましたが、もともとの適性距離でもあり牝馬限定戦なのでかえって条件的には良い可能性もあります。あらためて脚を溜める競馬で上位を目指したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント