今週の競馬 8月第4週

毎日続く暑さとコロナ禍にげんなりの日本列島に昨日は明るくて爽やかなニュースがありました。将棋の藤井聡太さんが王位戦に勝利して最年少での二冠を達成、というニュースです。将棋を語れるような知識はないのですが、今日のワイドショーの解説で彼を評して、コロナ禍の休養期間を経て化け物になったというようなコメントが非常に印象深く頭に残りました。やはり成功するためにはピンチをチャンスにできる力が必要なんだなとあらためて感じさせられ、自分もチャンスにできるように前向きにこの時代を生きていかないと、と思えるようになった出来事でした。

意味合いはやや違いますがラストチャンス近くなった3歳未勝利馬たちはピンチといっても過言ではない状況、決してあきらめることなく勝利というチャンスを捕らえに行きたいと思っています。今週はそんな3歳未勝利馬2頭(奇しくも同じレースでデビューした2頭ですね)を含めた7頭が新潟と札幌で出走します。今週も応援のほどよろしくお願いいたします。

8月22日(土)
新潟4R 11:45 障害3歳上オープン 芝2850m
シャリオヴァルト  せん7 60.0 蓑島 靖典
前走は初めてのオープンが重賞挑戦となりましたが、前半流れに乗り切れずやはり厳しい感じでしたが最後までしっかり走り切ってくれて良い経験になったと思います。間隔を空けて勝ち上がった新潟を狙っての一戦、前進を期待したいと思います。

新潟11R15:45 日本海ステークス(3歳上3勝) 芝2200m
ミッキーバード   牡5 57.0 横山 典弘
ここ3走、時計の速い決着になかなか対応できていませんが、年明けにオープンで好走しているように力量的に足りないことはないと思っています。今回も時計は速い可能性が高いですが上がりはかかる可能性の高い内回りコースに活路を見出したいと思います。体調面は良いので上位進出を狙います。

札幌9R 14:15 3歳上1勝クラス(牝) ダート1700m
マジックリアリズム 牝4 55.0 横山 武史
前走はハイペースの大逃げを追っかけて難しい競馬になってしまいました。頑張ってはいるもののワンパンチ足りない現状、ダートにチャレンジしてみます。短期放牧を挟みましたが状態も良く、適性さえあればポテンシャル的に一変の可能性もあると思っています。

8月23日(日)
新潟7R 13:25 3歳未勝利 ダート1800m
リチュアルダンス  牡3 56.0 石橋 脩
前走はこの馬としてはスタートは悪くなかったのですがそこからの勢いがやはりなかなかつかずに切り替えて後方から、向こう正面から徐々に押し上げて直線も良い伸びを見せて4着と頑張りました。馬場を考えれば大健闘だったと思います。外国産でレースも限られるので中1週ですがさらに上積みもあるくらいの雰囲気、なんとか初勝利を掴み取ってもらいたいです。

新潟9R 14:25 閃光特別(3歳上1勝) 芝1000m・直
レッドヴェイパー  牝3 52.0 斎藤 新
前走の初ダートは走り自体は良かったとのことでしたがあまり見せ場なく終わってしまいました。休み明けながら中間一頓挫あった影響も少なからずあったと思います。千直を目指した今回、体重も増えて非常に順調に調整できています。直線競馬でスピード能力の高さを発揮できれば上位争いも十分可能だと思います。

札幌4R 11:45 3歳未勝利 芝2600m
ブルームラッシュ  牡3 56.0 C.ルメール
久々の前走、速い流れを追っつけながらの追走で中団から、それでも直線抜け出して念願の初勝利と思ったところで最後わずかに差されてしまいました。元々前向きさのないタイプでしかもハイペースということでいろいろな意味で厳しい展開でしたが地力の高さは証明してくれました。ジョッキーの進言もあり2600mを選択しての一戦、好調をキープして今度こその思いです。

札幌12R16:30 手稲山特別(3歳上2勝(牝)) 芝1200m 
ガーデンコンサート  牝4 55.0 団野 大成
前走は追走に手一杯、全くいいところがなく終わってしまいました。このクラスで1000mのスピード勝負は簡単ではありませんね。洋芝でもあり久しぶりに芝に戻そうとこの牝馬限定戦を目標にしました。使われたことで絞れて上昇気配、まずはこのクラスで目途を立てられるような走りを期待したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント