今週の競馬 9月第5週

早いもので9月も最後の週末となりました。今週末はスプリンターズステークスが行われます。厩舎にとって唯一勝利を収めているGⅠでもあり昨年まで4年連続で出走することができていましたが、今年は残念ながら外から眺めることとなります。またいつかあの時のようにたくさんの方々と歓喜を分かち合いたい、そんな気持ちをあらためて感じられる週末ですね。日々の仕事を大切に、頑張っていきたいと思います。

そんな今週は、さらに残念なことに新馬に投票した2頭が除外の憂き目にあってしまいました。ということで中山で4頭の出走となります。

9月28日(土)
中山 10R15:10 茨城新聞杯(3歳上2勝) 芝2000m
ミッキーバード   牡4 57.0 横山 典弘
その前走が逃げていただけに先行するかと思いきや大外枠もあり行く馬がいた時点で切り替えての折り合い重視ででの差し切り勝ち、さすがの横山騎手の騎乗でした。春4戦目でその騎乗に応えるレースができた本馬も本当に充実ぶりを見せてくれました。さすがに頑張ってくれたので夏場を休養にあてての復帰戦となります。休み明けの昇級戦にはなりますが、前走で負かした相手を考えれば力量的に十分対応可能に思えますし、今週の追い切りの絶好の動きからも初戦から力は出せそうでもあり、この秋のさらなる飛躍へ楽しみな一戦です。

9月29日(日)
中山 8R 13:55 3歳上1勝クラス ダート1800m
サクラルーフェン  牡3 54.0 石橋 脩
前々走の大敗後だっただけにどこまで走れるのか心配な部分もありましたが、そんな杞憂を一蹴するように逃げて2着と頑張ってくれました。マイペースの逃げではありましたが力のあるところを見せてくれて、中山の方が安定した走りを見せてくれることもあり中1週で臨みます。体調も良く疲れも見られないので使った上積みも見込める一戦です。メンバーは強化されますが好レースを期待したいと思います。

中山 9R 14:25 サフラン賞(2歳1勝) 芝1600m
ラブオナヴィータ  牝2 54.0 吉田 豊
調教の走りからも期待していたデビュー戦、見事な逃げ切りで勝利を収めてくれました。もともと芝とダートで適性を悩んでいたのですが、結果は出してくれたもののレース中の跳びの大きい走りやレース内容を考えると決してダート1200mが適条件ではないのでは、とも感じられました。その中でさらに上で戦うことも考えての芝のマイル戦への挑戦です。この中間も順調でいい意味でピリッとしています。持てるスピードは引けをとらないと思うのでどんなレースができるか楽しみです。

中山 10R15:00 勝浦特別(3歳上2勝) 芝1200m
アゴベイ      牝3 52.0 川田 将雅
距離短縮で変わり身を期待した前走、思っていた以上のパフォーマンスで勝利を挙げてくれました。正直なところ前半の追走は厳しいのでは、と思っていましたが、デムーロ騎手の判断も大きかったと思いますが先行して押し切るような目を見張るような走りでした。暑い中で2戦したこともあり一息入れる予定で考えていましたが、目に見える疲れも感じられずちょうどいい間隔で同コースでのハンデ戦ということで連戦を決めました。52キロが予想されデムーロ騎手がいないことで騎手選定が課題でしたが、リーディングジョッキーを鞍上に迎えることができたのは大きいですね。来年はこの次のレースに出ることができるような、そんな夢を持てるようなレースができたらと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント