今週の競馬 7月第1週

7月になって下半期がスタートです。明日は七夕ですが、皆さんはどのような願い事を短冊に書かれるのでしょうか。

例年以上に2歳馬の入厩は早いとは思うのですがなかなかデビューまでは至らず、ようやく今週、厩舎としては令和元年の2歳馬最初の新馬戦を迎えます。今週は2頭のデビューとなりますが、この世代の馬たちが来年のクラシックレースに参加できますように、と願いを込めて送り出したいと思います。

今週は福島で3頭の出走となります。

7月6日(土)
福島 5R 12:35 2歳新馬(牝) 芝1800m
ジェラペッシュ   牝2 54.0 吉田 豊
父ワールドエース 母ピーチフィズ(母の父スウェプトオーヴァーボード) 鹿毛 450kg
兄に2勝クラスのジュニエーブルのいる、きれいなラインの馬体を持つ牝馬です。兄は今はダートで走っていますが京成杯では4着に入着した実績もあります。父が代わってより芝向きになっているように思えます。兄にも騎乗したことのある吉田豊騎手も兄以上の素質を感じ取ってくれていて、調教は常に余裕のある動きを見せてくれて底知れない部分があります。ココロノアイはじめこの福島の牝馬限定の新馬戦は何度もチャレンジして勝ち切れていないのですが、今度こそは、と思わせてくれるような楽しみなデビュー戦です。 

7月7日(日)
福島 4R 11:45 3歳未勝利(牝) ダート1150m
スマートエリス   牝3 54.0 戸崎 圭太
前走は最内枠を引いた時点で嫌な予感はしたのですが、一完歩目のダッシュが効きづらいこの馬にとってはやはり厳しいレースとなってしまいました。それでもしっかりと伸びてきて3着まで来たのは地力の証しでもあり今後へのいい経験になったと思います。今週の追い切りも余力充分でいい動きでしたし、中山と同様の芝スタートもプラスだと思います。初勝利へもう一押し、頑張ってもらいたいです。

福島 5R 12:35 2歳新馬 芝2000m
タマサイ      牝2 54.0 杉原 誠人 
父トーセンホマレボシ 母グロースバンダム(母の父ダンスインザダーク) 鹿毛 430kg
日本の競馬を変えたともいえる種牡馬サンデーサイレンス、その3×3となる血統構成(父側にも母側にも3代前にサンデーサイレンスがいる)の牝馬です。今後もサンデーの近親交配はまだまだ増えることと思いますが、本馬に関しては現状調教を進めても気性面で難しさを感じることはなく、どちらかというと乗りやすさがセールスポイントと思えるくらいです。そのコントロールの良さと血統面から2000mでのデビュー、調教のパートナーのジェラペッシュが動き過ぎるので目立ちませんが、水準の動きは見せてくれています。実戦向きなタイプで初戦からしっかりと走ってくれると思います。

この記事へのコメント