今週の競馬 5月第4週

いよいよ日本ダービーですね。日本中のホースマンたちがこの頂点を目指してここまでやってきました。残念ながら今年も参加することはなりませんでしたが、来年こそはというホースマンとしても、そして長く競馬を見てきた一競馬ファンとしても、この祭典をしっかりと目に焼き付けておきたいと思います。

今週は東京で4頭の出走となります。トランプ大統領の来日と重なる週末、ちょっと東京競馬場への道のりに頭を悩ませなければならなくなりそうです。

5月25日(土)
東京 2R 10:40 3歳未勝利 芝1400m
ファイティングマン 牡3 56.0 三浦 皇成
前走は芝に戻して距離の距離短縮、4コーナーで多少不利があったことを考えると悪い内容ではありませんでした。中間に疝痛や傷腫れがあって順調さは欠いたものの、速いところは休まずできておりしっかり動けていました。時計勝負への対応は課題ですが、前進は可能だと思います。

東京 4R 11:40 障害4歳上未勝利 芝→ダート3000m
キールコネクション 牡7 60.0 平沢 健治
前走は積極的な位置取りから4着、勝ち馬から0.5秒差は障害に入ってから最も少ないタイム差でもありいいレースができたと思います。前走後は2着が2回あるこの東京に向けてじっくり調整してきました。追い切りだけ見れば前走の方が動いていましたが好調はキープできていると思います。東京コースでジョッキーも2度目、なんとか念願の障害初勝利を掴みとってもらいたいです。

5月26日(日)
東京 6R 12:40 3歳500万下 芝1400m
グランソヴァール  牡3 56.0 戸崎 圭太
前走は初めての芝へのチャレンジでしたが4着、グローリーヴェイズと互角以上に動いていた追い切りから期待は膨らんでしまいましたが、高速決着の中最後までしぶとく伸びてきてなかなかのレース内容で頑張ってくれたと思います。もともと初勝利が2戦目だったように使われて上積みのあるタイプ、芝も2戦目ということで、さらなる前進を期待したいと思います。

東京 10R14:50 むらさき賞(4歳上1600万下) 芝1800m
ステイパーシスト  せん6 55.0 吉田 豊
蹄の中に空洞ができてしまう蟻洞という病気によりほぼ1年の休養となってしまいました。とは言え年明けから牧場でも順調に乗り込まれてきており、よりしっかり乗り込んで行けるよう目標をここに定めて調整してきました。太くなるタイプでもないので力を発揮できる仕上がりになっていると思います。1年のブランクは決して小さいものではないので、まずはしっかりと競馬を走ってくれれば、というところではありますが、距離を詰めてみて新味が出ないかも注目したいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)